2015年7月11日土曜日

色彩ワークショップ


 
 
アトリエはなむぐりのオープニングイベントで企画した色彩ワークショップ。
7名の参加者、3名の講師で開催しました。

それぞれが色彩によってもたらされる心の解放や収縮…
色々なことを感じ、考える時間になりました。

最後には「とっても楽しかったです~!」と
みなさん、すっきりとした笑顔で帰って行かれたのが印象的。

私としても大満足な一日になりました。

 

 
 
前半は佐貝ようこさんによる「色彩ワーク」
 
蜜蝋のクレヨンで二つに切った画用紙に
心の赴くままに描いていきます。
 

 
 
完成後、対になる人を探し、二つに合わせ
お互いに感じたことを話し合います。
 
この行為自体なんだかワクワクしますよね。
初対面の方がほとんどだったので
緊張がほぐれるきっかけにもなったかも…。
 
不思議と二枚の絵がマッチしていて
「おもしろい~!」
の声。
 
 







続いて水彩絵の具を使ったにじみ絵。

こちらは絵の具がどんどんにじんで
自分の意図とは違う方向にいってしまうので
みなさん葛藤もあったよう。

思いもよらなかった色や形が現れて
それが新鮮で面白かったという感想も。

大人になるとつい頭で色々と考えてしまい
意味や解釈を求めてしまいがちです。
そんなものは本当はどうでもいいことなのかも…
と見ていた私も感じました。

アートセラピーとしても行われているワークですが
普段の絵画制作にも通ずる部分があり考えさせられました。





後半は北村真梨子さんによるお茶会。
私は和菓子作りに初チャレンジしました。

こちらも色彩を意識して。
北村さん作の器と和菓子
偶然にもどちらも「紫陽花」がテーマ!

北村さんは普段は木工作家さん。
この紫陽花の器、木と漆で出来ていて
もちろん全て手作りです。

北村さんが魔法のように
美しい手つきで抹茶を点ててくれて
みんなでいただきました。
(北村さん和服姿で、これまた美!でした。)
抹茶も和菓子もとても好評で、うれしかったです。

講師の北村さんと佐貝さんは初対面だったのですが
すごく良い感じに調和してる~!
と、内心ニヤニヤしておりました。
今回のワークショップ自体は二人にお任せでしたが
人と何かを企てる楽しさに味を占めそう…。

アトリエはなむぐりは普段は絵を描く教室ですが
また何か楽しいイベントを企画できたらと思います。



*アトリエはなむぐりのご案内
(只今生徒さん募集中です。)

0 件のコメント:

コメントを投稿