2020年2月24日月曜日

苦しみに放り込まれる


基本的に頭の中お花畑タイプなので
いつもわりかしご機嫌でのほほんとしている。
特に昨年末から少しずつ
「ずっとやりたかったけどできなかった小さなこと」
を一つずつ実行に移していて
身も心もスッキリしてきていた。
(部屋の模様替え、ダーニング、木彫り、などなど)

色々とても好調だった。
教室の仕事も楽しいし
制作にも没頭できていたし
周りの人間はみんな優しくて
ストレスがない。
このまま私、行くところまで行って
悟っちゃうんじゃない?
とか思ったりして。

が、しかし…。
数日前から事態は急変。
毎年のことなのだけど
ついに今年もスギ花粉が本格的に
飛び始めたのである。

ご機嫌だった私の心は急降下。
頭が重い。体も重い。
目も鼻も痒い。窓が開けられない。
出来るだけ外に出たくない。
イライラ。眠気。
昨日まで満ち満ちていた
ありとあらゆるやる気が減退。

なぜか今年は楽々花粉症も
乗り越えられそうな
気がしていた私は
こんなにも簡単に苦悩の中に
放り込まれてしまったことにガッカリ。

心や体に少しでも苦しみや
不快さ、居心地の悪さがあるとき
人間はそこから逃れるための何かを
しようとするらしい。

飲酒、タバコ、買い物、ドラッグ…
スマホをいじるのも。
全ては今よりも幸せになるための行動。
私の場合は「甘いもの」
何かストレスがあるとき
お菓子を食べる頻度と量が増える。

人間として体を持って生きる以上
苦しみからは逃れられない。
本当の幸せって
どんなことが起こっても
何があっても
表面的に良いと見えても
悪いと見えても
冷静に眺められることなのかもしれない。

花粉症の最中そんなことを思った。

私にも色々夢や欲望が
あるけど、もし全部叶ったとしても
きっとまた他の何かを探すのだろうし
引き続き美味しいお菓子を
食べることに幸せを感じるだろう。

そう考えると良い意味での
諦めが湧いてくる。
昨日の記事に引き続き
今のテーマは
サレンダーなのか…。

因みにサレンダーとは
降伏、降参、手放し、の意味。




2020年2月22日土曜日

サレンダーできた話



ポワポワのミモザ。
ミモザってぱっと明るい色で小さい粒々がかわいらしくて
この時期目にすると「わぁ〜♡」と気持ちが明るくなる。

今日は昨夜行ったイベントで頭が冴えて
寝不足だったからか
春一番が吹いて気圧が荒れていたからなのか
眠気がすごくて久々にイライラがどっと湧いてきた。
具体的に何に誰にということではないんだけど。

最近思うんだけど、イライラしたり
負の感情が湧かない人なんていないと。
前はイライラする自分をどちらかと言えば
否定していた。(根はけっこう短気)
今日ふと
「出るものは自然に出せばよくない?」
と受け入れられた。
そしたらなんだか泣きそうになった。

理想の自分になろうとするの
「もうや〜めたっ!!」
なんというか諦め?
サレンダー?
そのほうがずっと楽だし
心が軽いから何かを思いついたときにパッと動ける。

幼い頃から色んなところで植え付けられた
道徳的な刷り込みってあるなぁと。
私だけじゃなくみんなあるんじゃないのかなぁ。

無理にいい人や立派な人にならなくていい。
そんなことを思った猫の日…。
猫みたいに気の向くままに
のびのびと生きたいものだ。
(無理矢理こじつけ)

因みにミモザは先日ある素敵な方に教えてもらった調布駅前の
JAのお店で新鮮な野菜と一緒に購入したもの。
普段全く入らなかったけど、
こんなところに!こんな良いものが!
新発見。うれしい。また行こう。